「冷え」コラム

5月の冷え

5月の冷え

若葉が薫るさわやかな5月
好天つづきの気候にもかかわらず5月を迎える頃になると疲れがとれない、気分がすぐれないなど体調をくずす人がでてきます。

いわゆる「5月病」といわれるこの症状は、かつては新社会人が4月からの新しい環境に対応するための緊張とストレスがちょうどマックスになった頃、ゴールデンウィークを迎え、一気につかれがどっとでておこることが多いため「5月病」と呼ばれてきました。
しかし今ではこの時期、転勤や異動、職場での部署が変わるなどの環境の変化で、カラダや心の不調におちいる人は年齢をとわず増えています。

さらに今年は、一年をこえてつづくコロナ禍がここにきて変異種ウイルスのひろがりもあって、コロナによる不安も高まりストレスの要因はいっぱいです。

私たちのカラダを、季節の変化だけでなくさまざまなカラダをとりまく環境の変化から守っているのは自律神経です。
内臓の働きや代謝 体温などカラダの機能を維持コントロールしています。

春は冬から夏へと変わる季節の変化にあわせて、カラダを冬仕様から夏仕様に変えるために、自律神経の働きは全開です。
その季節の変化に加えて、この時期は春はさまざまな環境の変化による不安やストレスで、交感神経が優位になり緊張から、自律神経のバランスが乱れやすくなるのです。

自律神経の大きな役割のひとつは、体温のコントロールですが、さまざまなストレスで交感神経の緊張がつづくと、血管が収縮し、血のめぐりが低下するために冷えの症状をひきおこすことになります。自律神経と冷えとはとても密接な関係にあるのです。

5月の冷えの大きな要因となるこの自律神経の乱れをととのえるためには、まず生活のリズムをととのえ、バランスのとれた食事、そして運動、さらに今まで続けてきた趣味などに打ち込むことも脳内の幸せホルモンの分泌をうながし、リラックスできます。

自律神経のバランスをととのえることからはじめるのが5月の冷え対策でもあるのです。

監修:せんねん灸

冷え暦

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月