「冷え」コラム

夏冷え

夏冷え

七月に入ると気温も湿度もぐんぐん上昇、クーラーの季節が始まります。
いよい夏本番のスタート。
急激な気候の変化にカラダの不調を訴える人が増えてきます。

夏といえば暑さによる「夏バテ」が夏の症状のメインでしたが、今ではクーラーや冷たいもののとりすぎでカラダが冷えて体調をくずす「夏冷え」が夏バテをこえるようになってきています。
かつて冷え症といえば冬のものとされてきましたが、今では「夏冷え」が冬の冷えと肩を並べるほど増えているのです。

冬の冷え症というのは気象学的にいうと気温が下がりその寒さがカラダに侵入しておこります。冬を迎えるとカラダはその寒さから内臓を守るために毛細血管をしぼり、熱を逃さないようにガードします。だから冬の冷え症対策は熱を逃さない工夫がメインだったのです。

しかし夏の冷え症というのはもう少し複雑です。というのも夏のカラダは夏の暑さに備えて末梢血管や汗腺をひらき熱をどんどん放出する夏仕様に変わります。
戸外はそれでいいのですが、一歩室内に入るとエアコンがきいて涼しく外気温より時には10℃もの温度差となります。
この温度差の中を夏仕様のカラダと薄着で一日何度も出入りをくり返すうちに体調をコントロールしている自律神経の働きが乱れ、さまざまなトラブルをひきおこすことに

内臓は自律神経の副交感神経が優位の時に活動します。一日に何度もおこる気温差がカラダへのストレスとなって交感神経優位がつづくと、血のめぐりがとどこおり、冷えは内臓にまで及び、内臓機能の低下を招くことになるのです。
その内臓の中でもヒトの免疫細胞の70%が集まる腸の活動の低下は免疫力の低下にもつながります。
さらにこの状況から内臓を守るために血液が内臓に集められ、結果としていっそう全身の冷えを招くことにもなるのです。

季節は夏であっても、エアコンで作り出された環境は、決して夏ではないことを、常に意識して衣服、食事、十分な睡眠、運動にも気くばりをおこたらないことが夏冷え、腸冷えを防ぐ唯一の方法なのです。

監修:せんねん灸

冷え暦

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月