「冷え」コラム

熱は自分でつくりだす

熱は自分でつくりだす

11月に入ると朝夕はぐんと冷え込んできて霜が降る寒い日もやってきます。
秋から冬へ自然は急ピッチで冬に向かっていますが、私たちのカラダも寒さにそなえて冬仕様へと変わってきます。
しかし冷え症に悩む人にとってはつらい季節を迎えることに。

冷え症にはカラダを内側からあたためて、血のめぐりをよくし自律神経の働きをととのえることが大切です。
このカラダを内側からあたためるためにいちばんいいのは運動。運動によって筋肉量を増やすことです。
筋肉を増やすために手軽ですぐできるのがスクワット。
スクワットはヒトのカラダの下半身の大きな筋肉に負荷をかけることができるのでとても効果よく筋肉を増やすことができます。

筋肉というのは動くことで熱が生まれます。
筋肉量を増やすことは寒さに強いカラダをつくり出すことにつながるのです。
しかしやるからには続けることが大切です、というのも筋肉は30代をこえ、何もしないと毎年約1%づつ減少するからです。

スクワットなんて無理という人は最初はテーブルに手をついてスクワットをするとか、テーブルに手をついてつま先立をするなどカラダに負荷をかける運動を日常の習慣にすることは冬の寒さを克服だけでなく、血のめぐりがよくなり健康なカラダづくりにもとても有効です。

筋肉は何才からでも増やすことができます。
今すぐ、始めましょう。

監修:せんねん灸

冷え暦

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月