「冷え」コラム

その秋バテ気象病かも

その秋バテ気象病かも

さわやかな10月ですが、女性が冷えを本格的に実感しはじめるのは10月といわれています。
いつまでつづくかと思わせ9月にまでずれ込んだ今年の猛暑も秋分の日には富士山に初雪が平年より早く降り、今までの遅れをとりもどすかのように気温は平年並みになってきました。
夏からの天候異変にふりまわされつづけてきたカラダが自律神経の乱れから体調不良を招く、いわゆる秋バテは「気象病 お天気病」とも呼ばれます。
秋バテによる冷えは、ずっと続く激しい気温差で、毛穴をひろげて発汗して熱を放出したり、毛穴を閉じ血管を収縮させて体温を維持する自律神経の保湿機能がバランスをくずすことによるのです。
そして、私たちのカラダは気圧の変化でも自律神経は微妙に変化します。
天気のくずれを引きおこす低気圧が支配している時は副交感神経が優位となり、カラダは休息モードに入ります。
そして天候が晴れて、高気圧に支配されはじめるとカラダは活動モードになり交感神経が優位になります。
10月は晴天つづきの印象が強いのですが、台風がやってきたり、秋雨前線が停滞するなどで気圧の変化がけっこう激しくおこるために自律神経の乱れがおこりやすくなります。
その結果、血のめぐりの低下をはじめホルモンバランス、免疫にも影響してカラダの変調から冷えにつながることも。
こうした気温や気圧の変化が原因となる秋バテ解消には自律神経の働きをととのえることが先決です。
おすすめは入浴、38℃~40℃くらいの少しぬるめのお湯にいつもより長く入ることでカラダも芯からあたたまり自律神経のバランスの乱れも解消できます。
10月の秋バテ、気象病対策にはぜひシャワーではなく入浴がおすすめです。

監修:せんねん灸

冷え暦

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月