「冷え」コラム

梅雨又よろし

梅雨又よろし

6月といえば梅雨、このコトバは中国から伝えられました。
梅の実が熟する頃の長雨とされていますが、別の意味では木の葉に宿る水滴の露からとの説もあります。
今日も又雨、しかし稲作の国日本にとってはこの降りつづく雨の季節は、苗代で育った早苗を水田に植える時期とあって、たっぷりの雨は恵の雨と歓迎されてきたのです。

しかし私たちのカラダにとって、この梅雨のジメジメした気候はなかなか大敵です。
梅雨冷え、梅雨、雨寒、梅雨バテなど梅雨を迎えて体調をくずす人も多いのです。
その原因は自律神経の乱れ。
自律神経は私たちのカラダの機能、内臓の働きや代謝、体温などをコントロールする神経で、さまざなな外からのシゲキや変化からカラダを守っているのです。
しかし自律神経はゆるかやな季節の移り変わりには対応できるのですが、梅雨時の気候のように高湿多湿の日が続くと思うと肌寒い日がやってきたり、一日の中で気温差が大きいなど、気圧や気温の急激な変化がつづいてくると自律神経は対応できなくなり、さらに梅雨気候にうっとうしい気持ちが重なることでカラダにもさまざまな不調がおこってきます。

そして本来スムーズにめぐっている血のめぐりも低下してきて冷えを引きおこすことになるのです。
梅雨時の冷えは放っておくとさまざまな症状を引きおこすことに、梅雨冷え、梅雨バテの改善には意識を変えてみることも大切です。

梅雨には梅雨にしかない魅力がたくさんあります。
紫陽花が雨を楽しむかのように咲いています。
耳をすますと雨音だって心をやすらかにしてくれます。
梅雨だからではなく、梅雨だからこそのポジティブは気持ちで過ごすことも自律神経の乱れの改善にはおすすめです。

梅雨又よろし
自律神経の乱れをととのえるお灸のツボは手の「神門」と「合谷」です。

監修:せんねん灸

冷え暦

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月