「冷え」コラム

うっかり冷え

うっかり冷え

今、冷えを訴える人は冬よりも多いといわれる夏。
私たちのカラダは季節の変化にあわせて、冬も毛穴を閉じて熱を逃さないように、逆に夏はどんどん汗をかいて、放熱し高い気温や湿度に対応するしくみになっています。

しかし汗をかいて熱や水分を放出するモードになっている私たちのカラダのこの夏仕様が役に立つのは暑い戸外にいる一日のうちの数時間。
家もオフィスも、電車も車も一日の大半をクーラーのきいたというより、クーラーのききすぎの空間で過ごしているのが現実なのです。

さらに夏の冷えがやっかいなのは、日々の生活の中で知らず知らずの間にカラダを冷やす行動をとってどんどんカラダを冷やしていることなのです。
例えばノースリーブ、素足にサンダルといった夏のファッションはあくまで炎天下のおでかけの服装ですが、そのままクーラーのきいた室内で長時間過ごす、さらにつめたい飲みもの食べものを暑いからと、どんどんとるなど、ついついうっかりで自分で冷え環境をつくり出していることが多いのです。

こうして夏の間の冷えが少しづつカラダにたまっていくと東洋医学でいう「積冷」となり、やがていつの間にかカラダは冷え体質になり、一年中冷えに悩まされることになるのです。

私たちのカラダは7℃以上の温度差を感じると自律神経の働きが乱れてきます。
それを一日に何回もくり返すことでおこる夏の冷え
ついついうっかりの行動がつくり出す夏の冷えは、冬の冷えに比べると実にやっかいですが、うっかりを意識することで防げる冷えでもあるのです。

監修:せんねん灸

冷え暦

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月