「冷え」コラム

9月の冷え

9月の冷え

9月の声をきいて、記録づくめの猛暑も少し落ち着いて、季節はゆるやかに秋に向かっています。
しかし、過ごしやすくなったのにカラダが「なんとなくだるい」「つかれやすい」「食欲がない」「肩コリ」など、もうひとつすっきりしないという人が増えてくるのが、9月です。

夏の暑さを乗りきってきた生活習慣がまだつづいていることもその原因のひとつ。
ヒトのカラダは夏を迎え、汗線をひろげカラダの深部体温の上昇を押さえるために汗をどんどんかいて熱を放出する夏仕様になっています。
にもかかわらず、私たちの生活は、夏ということでクーラーをきかせ、冷たい飲みもの食べものをどんどんとることで、快適な夏を過ごしてきました。

しかしその結果、カラダを内外から必要以上に冷やすことになり、外に出るといっそう暑さを感じるために、又カラダを冷やすという、冷えのスパイラルがつづくことに。
この偏った生活習慣のツケがさまざまな症状となって出てくるのが、いわゆる秋バテなのです。
冷えというのは「熱がつくれない」「熱がカラダをうまくめぐらない」こと。

9月の冷えの解決には代謝を高める生活をめざすことです。
代謝とは食べものの栄養分から、呼吸をはじめ体温維持、運動などヒトの生命活動に必要なエネルギーをつくり出すこと。
その結果、血のめぐりが改善され、全身の細胞のひとつひとつに栄養と酸素を届け、老廃物を回収する働きが改善されカラダの機能が正常に働くことになります。

秋は、根菜などカラダをあたためる食べものも多くなります。
食事、そしてシャワーではなくお風呂に入る。そして運動と、熱をつくり出すことを意識した生活に早く切り替えりことも、秋バテからの脱出のきめ手なのです。

監修:せんねん灸

冷え暦

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月