「冷え」コラム

冷えはカラダからの警告

冷えはカラダからの警告

いよいよ冬本番 冷えの悩みが本格的になる時季です。
手足が冷たい、手先足先がいつもしびれている、肩コリがひどくなる、お腹がいつも冷たいと冷えの症状は人によってさまざまです。

東洋医学では、冷えは万病のもとという言葉がある通り、冷えは単にこれらの症状だけの問題ではなく、冷えをそのままにしておくとさまざまな病気の引き金になると考えてきたのです。
近年、体温が1℃低くなると免疫力は30%も低下するといわれています。
冷えをそのままにしておくことは病気に対する抵抗力も低下し、カラダの機能も失われることに
冷えはいえばカラダの機能からの警告でもあるのです。
だから、冷えの症状をそのままにしておくのではなく、病気の前兆「未病」ととらえ、冷え対策にとりくむことも大切です。

毎年この時期になると、重ねばきのくつ下、マフラー、手袋、機能性下着などの冷えとりグッズが話題になります。
しかし、冷えは外から手当てするだけでなく、カラダの中から熱をつくり出す取り組も欠かせません。

ヒトのカラダで熱をつくり出す最大の器官は筋肉です。
女性に冷えを訴える人が多いのも男性に比べて筋肉量が少ないことがあげられますが筋肉というのは何才になっても適切な運動によって減少をくい止めるだけでなく、増やすこともできます。

今はコロナ禍で外出もままならないなか、室内で道具も使わずに筋肉を鍛えることができる筋活はいかがですか
シニアせんねん灸「お灸で筋活」はやさしい筋活が動画でごらんいただけます。

監修:せんねん灸

冷え暦

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月