「冷え」コラム

心身一如

心身一如

今年のゴールデンウィークは最長10日間といわれています。
5月という月は、4月に新年度になって職場も社会もさまざまなところで新しいシステムやしくみに翻弄されつづけ、やっとなれてきたところでゴールデンウィークを迎えることに。
そのためにたまりつづけてきたストレスが一気に心にひろがり体調をくずす人も多いのです。

そして連休明けには「五月病」と呼ばれる心身の不調につながってきます。
東洋医学では「心身一如」といって心とカラダは密接につながっていて心の不調はカラダの不調となってあらわれるとしてきました。
ストレスが重なり交感神経の緊張がつづくと血管は収縮し、血のめぐりが低下して、体調不良をともなう冷えをひきおこすことに。
五月の冷えはストレス冷えともいえるのです。

「陽気な心は健康をよくする」というコトバがありますがポジティブな感情は単に陽気というのではなく免疫系にもいい効果をもたらすことが最近の研究で証明されています。
そしてポジティブな感情を維持している人はストレスにも強く、交感神経の異常な高ぶりを抑えることができ、カラダにかかる負荷をおさえることができるそうです。
五月の冷え対策には、積極的にカラダを動かすことでポジティブに。

気候もよくウォーキングがおすすめです。
新緑の森はフィトンチッドにあふれ、私たちの心をやわらかくして自律神経の乱れをととのえてくれます。
そしてストレス解消にはお灸もおすすめ。ツボは手の「内関」がおすすめです。

監修:せんねん灸

冷え暦

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月